沖縄県の塾、探索マガジン「ジュクタン 」中学受験からキャリア教育まで。沖縄県の教育情報プラットフォームです。
部活と勉強を頑張る皆さんへ。 2019-05-08T11:26:35+00:00

ほどよい刺激と振れば振れば振るほど変わる食感が楽しいゼリー炭酸飲料「MATCH」。 小腹満たしにぴったりの量と食感でみんなの青春を応援します。 今回、部活と勉強の両立で頑張る昭和薬科大学附属中学校・高等学校の 吹奏楽部のみなさんの練習現場にマッチをお届けしました。

25年の歴史と抜群の 実績を持つ吹奏楽部

昭和薬科の吹奏楽部は平成7年に森 弘達先生が創設。設備も楽器も無い中、保護者会・同窓会・OB・OG会、協賛企業などの皆様のご支援・ご協力とともに発展してきました。昭和薬科は、中高一貫校の進学校なので中学生、高校生が一緒になって取り組む部活動ということも特徴です。高校3年生は4月時点で引退し、受験勉強に専念します。吹奏楽部の活動は、入学式・卒業式・文化祭・予餞会・合唱コンクールなどの学内行事と学外での吹奏楽コンクールや大会への出場。沖縄県吹奏楽コンクールで10回の金賞、沖縄県アンサンブルコンテストで金賞の他、吹奏楽・マーチングの世界大会である第27回嘉義市國際管楽節(平成30年12月 台湾・嘉義市で開催)に日本国代表として出場するなど実力と実績も抜群。また、平成30年7月には西日本豪雨復興支援サマーコンサートを開催し、義援金に協力しました。吹奏楽部員たちは将来の目標を明確に持っており、学習活動と部活動を両立した学校生活を送っています。このような活動から部員たちの中には成績優秀者や皆出席者が多く、他の生徒たちの模範となっています。また、卒業生たちはビジネス、行政、外交、医療、教育、法曹、マスコミ、芸術など、社会の様々な分野で活躍していて、後輩たちにとって良いモデルになっています。

吹奏楽部について、 前部長の濱川彩夏さん(写真前列左から3番目) に聞きました。

入部のきっかけは?

「私が吹奏楽部に入部したきっかけは、新入生歓迎の演奏会です。そこで楽しそうに演奏している先輩方を見て私も一緒にやりたいと思い入部しました。中1から高2まで、5年間頑張って部長も務め上げて、この春受験のため引退しました」

吹奏楽部の魅力は?

「吹奏楽部の魅力は約50名という大人数で演奏するところです。一人ひとりが自分のパートを納得するまで個人練習した上で、みんなで何度も何度も合わせて一つの曲を仕上げていくんです。また、大会には指揮者、顧問の先生も一緒に出場するので先生と生徒同士の連帯感が魅力です。大会が近くなると部員全員の意識が高まっていき、目標に向けて音楽もまとまっていくことが実感できるのも魅力でした」

苦労した点は?

「吹奏楽は大勢で一つの音楽を作り上げるため、コミュニケーションが大切ですが、人数が多い分一人ひとりと関わる機会が減ってしまう点に苦労しました。部員同士でどのようにコミュニケーションを取ったら良いかを一生懸命考え、廊下で会った時には挨拶するなど、きちんとコミュニケーションとるように心がけました。昭和薬科の吹奏楽部は、中学生と高校生が一緒に活動するため、幅広い年齢層が在籍してますが、あまり気にしないで平等に接しました」

部活と勉強を両立する コツはありますか?

「吹奏楽部は練習時間が長いので、時間の使い方を明確に意識することを心がけました。『部活があったから今日は勉強いいや!』という負け心を自分の中で成敗しました。勉強と部活を両立するには、『1日にちょっとでもいいから勉強しよう!』という意識が必要ですね」

後輩たちへの メッセージをお願いします。

「25年間、吹奏楽部を築き上げてくれた森弘達先生が、この春退任され、東京の学校の副校長になられました。今後はこれまでの伝統を生かしながら、吹奏楽部の新しい魅力を築き上げてほしいと思います」 伝統を大切にしながら新しい時代へ挑戦する昭和薬科大学附属高校・附属中学校の吹奏楽部。マッチでは勉強に部活に頑張る生徒のみなさんをこれからも応援します。