沖縄県の塾、探索マガジン「ジュクタン 」中学受験からキャリア教育まで。沖縄県の教育情報プラットフォームです。
高校受験のトリセツ第3回 2019-04-29T13:43:51+00:00

この時期、家ではどのくらい勉強してた?

浅野 彩奈は中学の時は硬式テニス部だったね。中3のこの時期って定期テストもあるけど部活も引退間際で部活に意識が行きがちだよね。時間配分はどうしていた?

佐々木 毎日必ず、1時間は勉強するようにしていました。本当はもっと部活に集中したかったけど、「勉強しなさい」って人に言われてやるのは好きじゃないから言われる前に部活も勉強もちゃんとやろうって。

浅野 まだ受験勉強が切羽詰まっていないこの時期に毎日1時間必ず勉強時間を確保するってなかなかできないことなんだよ。マイルールを作ったのは正解だったね。1学期のいい通知表を持って夏休みに突入するのはすごく意味があるんだ。彩奈は塾に入る前から内申点の事知ってた?

佐々木 知ってました。中1の先生が最初に話してくれたから。中2の先生も度々言っていたので内申点のことは常に意識していました。

浅野 いい先生に出会えたね。でもしっかり早くから準備していたようだけど、やっぱり最後の方は苦しそうだったね。高校受験は余裕があるならワンランク上を狙うから、余裕を持って臨むって事はほとんどないものだけど。

佐々木 私は冬休みの過ごし方を間違ってしまったんです。冬休みに旅行に行ったりして勉強しなくて。休み明けの模試で那覇高校がB判定になってしまって焦りました。そこからは寝ている時以外は全て勉強に費やして、必死で勉強したら次の模試ではA判定に戻りました。

浅野 A判定に戻ったのは、休み明けに頑張ったからって思うかもしれないけど、実は部活引退前からコツコツやってきたからなんだよ。1月頃ってみんな同じくらい勉強しているから、5月からの貯金が再度A判定を取る後押しをしてくれたはずだよ

<参加者>
写真右:佐々木彩奈ささん 那覇高校2年
写真左:浅野 太輝 アサノジュク代表

<湊川本校>

<浦添校>